LPS化粧品のimini(イミニ)トップ > LPS(リポポリサッカライド)とは

LPS(リポポリサッカライド)とは

美容と医療の
両面から注目され
世界でも認められたLPS

キービジュアル

肌本来の力を強く引き出すパントエア菌LPS(リポポリサッカライド)は、東京大学名誉教授(元東京大学副学長)水野傳一薬学博士らにより、四半世紀以上に渡り研究が進められてきました。
2011年には米国、仏の研究者がLPS(リポポリサッカライド)等による自然免疫の仕組みを明らかにし、ノーベル生理学医学賞を受賞。
現在日本では、自然免疫制御技術研究組合を中心に、産官学の連携で、美容、医療など様々な視点から、更なる研究が進められています。

研究を通して「パントエア菌LPS」が持つちからを伝えたい。

河内 千恵開発者

自然免疫応用技研株式会社
代表取締役 工学博士
河内 千恵開発者

長年、免疫の研究を続けていく中で、日々食している素材に何かパワーがあるのでは?と考えるようになりました。
ある時、豊かな自然に存在する植物の中の成分に、肌を健やかにするパワーがあることを発見。研究を進めると、このパワーは植物そのものではなく、そこに共生しているLPSにあることが分かりました。このLPSが、肌本来の力を引き出すことなど、肌との関係が次々に解明されています。

パントエア菌LPS(リポポリサッカライド)研究

1982 免疫機能の研究スタート

東京大学名誉教授(元東京大学副学長)水野傳一博士らにより、
マクロファージの制御に的を絞った健康維持についての研究がスタート。その後、新潟薬科大学 特別招聘教授 薬学博士 杣源一郎氏を初めとする研究者が引き継ぎ、研究を続けている。

水野傳一 博士

東京大学
名誉教授
水野傳一 博士

1988 パントエア菌LPS(リポポリサッカライド)を発見
小麦の水洗浄液からマクロファージ活性化に有効作用のある物質を発見。その物質がLPS(リポポリサッカライド)であることが判明。
1992 LPS(リポポリサッカライド)の作用を論文発表
幼児期のLPS(リポポリサッカライド)への暴露がアレルギーの発症を抑制することを大規模疫学的調査で明らかにした論文。
LPS(リポポリサッカライド)によって、抗癌剤による免疫細胞の増殖抑制が緩和されることを示した論文が発表される。
1997 LPS(リポポリサッカライド)の作用を論文発表
チャールズ・ジェニュウェイ博士(米国)が異物識別システム(TLR)は哺乳類にも存在し、さらにTLRが活性化
物質を選別しマクロファージ内に情報を送り届ける役割を担うことを発見。
2006年 産官学連携組織を確立

自然免疫応用技研、行政や各種研究所、NPO法人、企業等、産官学の連携によりLPS(リポポリサッカライド)の応用研究・臨床研究がスタート。

2011 ノーベル生理学医学賞を受賞

ブルース・ボトラー博士(米国)、ジュールズ・ホフマン博士(仏)、ラルフ・スタインマン博士(米国)がLPS(リポポリサッカライド)等による自然免疫の仕組みを明らかにしノーベル生理学医学賞受賞。

  • 河内千恵 氏

    自然免疫応用技研
    代表取締役
    工学博士
    河内千恵 氏

    自然免疫制御技術研究組合 理事。杣源一郎氏とともにパントエア菌LPSの研究を続けている。
  • 稲川裕之 氏

    自然免疫応用技研
    薬学博士
    稲川裕之 氏

    新潟薬科大学 特別招聘教授。杣源一郎氏とともにパントエア菌LPSの研究を続けている。

【 河内先生らの研究論文発表 】

MManagement of the immune system balance for suppression of atopic dermatitis using Pantoea agglomerans, a symbiotic bacteria of wheat.
Chie Kohchi, Hiroyuki Inagawa, Gen-Ichiro Soma.Yoshiki Yamaguchi, and Shinobu Ito.
25th IFSCC conference (2008/10/8-10, Barcelona, Spain).
LPS(リポポリサッカライド)の構造と機能の多様性
IP-PA1が健康維持に働く機構の解明に向けて
杣源一郎
第22回内毒素・LPS(リポポリサッカライド)研究会(2013年6月22日、東京大学医学部)
LPS(リポポリサッカライド)経口投与によるマクロファージのプライミング活性化機構
稲川裕之、門脇健、河内千恵、杣源一郎
第17回バイオ治療法研究会(2013年12月7日、福岡)
パントエア菌由来糖脂質含有クリームの
アトピー性皮膚炎寛解維持効果
中井浩三、窪田泰夫、小浦綾子、石川絵美子、細川洋一郎、宗廣明日香、横井郁美、森上純子、森上徹也、米田耕三、河内千恵、杣源一郎
第66回日本皮膚科学会西部支部学術大会(2014年11月8日、高松)
パントエア菌LPS(リポポリサッカライド)のアトピー性皮膚炎寛解維持効果
河内千恵、中井浩三、窪田泰夫、稲川裕之、杣源一郎
第18回バイオ治療法研究会学術集会(2014年12月13日、高松)

LPS(リポポリサッカライド)はさまざまな食品に含まれています。

私たちが食している素材にも含まれているLPS(リポポリサッカライド)。その中でも、特に和漢成分にLPS(リポポリサッカライド)含有が高いことが分かっています。
それは和漢成分の製法が、余計なことをせず、素材をそのまま乾燥しているからなのだと考えられています。

【 食用・薬用植物中のLPS(リポポリサッカライド)含量(μg/g) 】

明日葉 13.8
ゴーヤチップ 0.2
桑の葉(粉末) 1.1
大麦若葉(粉末) 0.5
ケール(粉末) 0.2
ほうれん草(粉末) 1.3
ワカメ(乾燥) 21.2
メカブ(粉末) 42.8
クロレラ(市販健食) 0.2
キノコ菌糸体抽出物(市販健食) 0.8
蕎麦外層粉 5.9
小麦フスマ(市販健食) 8.8
小麦胚芽(市販健食) 7.5
シイタケ末(市販健食) 2
発芽大麦ファイバー(市販健食) 3
渋柿(発芽食品) 17.1
ドクダミ(乾燥) 5.5
鬱金(和漢) 30
人参(和漢) 50
柴胡(和漢) 40
甘草(和漢) 30
葛根(和漢) 30

参考文献:Chem.Pharm.Bull.40,998-1000(1992)/ジャパンフードサイエンス52:55-59(2013)

LPS(リポポリサッカライド)とは ページトップへ