検索
  • TOP
  • お役立ちコラム
  • 30代におすすめのスキンケアとは|肌の特徴や悩み、アイテムの選び方について解説

30代におすすめのスキンケアとは|肌の特徴や悩み、アイテムの選び方について解説

30代におすすめのスキンケアとは|肌の特徴や悩み、アイテムの選び方について解説

30代の女性にとって、スキンケアは肌の健康を保つために重要な要素です。一般的に、肌は25~28歳頃から老化が進み始め、30代になると毛穴や乾燥などの肌の悩みを抱える人が増えるといわれています。

この記事では30代の女性に向けて、30代特有の肌の特徴や悩み、ケアアイテムの選び方について詳しく解説します。30代から実践すべきスキンケア方法も紹介するので、健康な肌を保つためにぜひ参考にしてください。

記事の監修者

竹内 想

竹内 想

皮膚科医

 

30代の肌の特徴とは

「30代の肌」にはどのような特徴があり、どのようなスキンケアが必要なのでしょうか。まずは、30代の肌の特徴を詳しく見てみましょう。

 

ターンオーバーが乱れやすくなる

ターンオーバーとは、肌の新陳代謝のことを指し、肌の細胞が定期的に新しく生まれ変わる過程のことをいいます。

若い頃の肌は約4週間の周期で新しい細胞に生まれ変わりますが、30代に入るとターンオーバーの周期は徐々に長くなり40~50日程度になります。こうした肌の変化は、加齢だけでなく日々のストレス、睡眠不足、食生活の乱れなど、さまざまな要因が影響して発現します。ターンオーバーが乱れると、以前なら垢として剥がれ落ちていた古い細胞が肌表面に残りやすくなり、それが乾燥や化粧のノリの悪さとして現れます。

 

くすみやカサつきができやすくなる

30代に入ると肌のバリア機能が弱まることで、肌内部の水分が蒸発しやすくなり、肌の潤いやハリを失う原因となります。その結果、くすみやカサつきが目立ち始めるのです。

さらに、紫外線の影響により生成されるメラニンはくすみの原因となります。メラニンもターンオーバーとともに肌から排泄されますが、年齢とともにターンオーバーが長くなることで体外に排出されにくくなります。メラニンが蓄積すると、肌のトーンが不均一になることもあります。

 

水分と油分のバランスが崩れやすくなる

30代の肌は、水分と油分のバランスが崩れやすくなります。この年代は肌のバリア機能の低下が著しく、肌内部の水分を保持する力が弱まるため、乾燥肌や混合肌の症状が現れやすくなります。

肌の乾燥が進むと、肌は自身を保護しようとして皮脂を過剰に分泌することがあります。皮脂の過剰分泌が、水分と油分のバランスのさらなる乱れを引き起こし、肌トラブルの悪化を招くのです。また、水分と油分が不足すると紫外線への耐性が低下し、肌にダメージを与えやすくなります。

これらの変化に気づき、適切なスキンケアでバランスを取り戻すことが、30代の美しい肌を保つ秘訣といえるでしょう。

 

30代のスキンケアアイテムの選び方

30代は肌の大きな転機となる年代。変化する肌の状況に応じて、適切なスキンケアアイテムを選ぶことが重要です。美しさを保ちつつ、新たな肌の悩みに立ち向かうためのアイテム選びのコツを解説します。

 

保湿力

30代に入ると、肌の水分量が20代と比べて減少し、乾燥肌や混合肌へと傾く人が増え始めます。原因は、皮脂の分泌量の減少や肌の天然バリア機能の低下です。こうした変化に対応するために、30代のスキンケアでは保湿力を重視したアイテム選びが必須といえます。

高保湿成分を豊富に含んだスキンケアアイテムを選び、日常的にケアを行うことで、しっとりとした肌を維持し乾燥によるトラブルを予防できるでしょう。

 

肌質や肌悩み

30代は肌の変化を感じやすい時期ですが、肌質や悩みは1人ひとり異なります。ご自身の肌が直面している問題や、スキンケアでどのような結果を求めているのかを正確に把握することが、効果的なケアへの第一歩となります。

たとえば、乾燥が気になる人は保湿成分が豊富なアイテムを、オイリー肌の方は皮脂を調整するさっぱりとした製品を選ぶことが重要です。さらに、くすみやカサつきが気になる場合は、美容液やフェイスパックで集中ケアをするとよいでしょう。肌荒れの悩みを持つ人には、肌を穏やかに整えるアイテムがおすすめです。

 

使いやすさ

スキンケアは日常の習慣です。アイテムを選ぶ際、自身の肌に合う成分はもちろん、続けられる価格帯であることも重要です。また、毎日使用するものだからこそ、香りや使用感もご自身の好みに合っているかチェックしましょう。

 

30代のスキンケアポイント

30代のスキンケアで特に気をつけたいポイントについて解説します。

 

優しく洗顔をする

30代の肌は20代とは異なり、バリア機能の低下や水分・油分バランスの変化が見られるため、適切なスキンケアが必要です。特に、洗浄力の強いクレンジングや洗顔料は、肌の乾燥や刺激の原因となるため避けましょう。

また、洗顔時に力強くこすることも、肌にとっては大きなダメージです。重要なのは、肌の潤いを守りながらもしっかりと汚れを落とすことです。保湿成分を含んだ洗顔料を選び、すすぎは体温より少し低い温度のぬるま湯で行いましょう。

 

丁寧に保湿ケアをする

30代の肌は、乾燥や外部環境の変化に敏感になりがちです。そのため、日々のスキンケアで保湿を重視することが重要。

化粧水は充分な量を取り、手のひらで優しく押さえるようにして顔全体に浸透させましょう。これにより肌の水分バランスが整い、次に使用するアイテムがより効果的に作用します。特に、小ジワや乾燥が気になる部分へは化粧水を数回重ねづけし、そのうえから乳液やクリームをなじませることで、しっかりと保湿されます。小ジワが目立ちやすい目元や口元などは、特に丁寧にケアして水分を逃さないよう心掛けることが重要です。

 

肌へのダメージを軽減する

30代は、日々のスキンケアをきちんと行っていても、細かな肌へのダメージが積み重なると美肌の維持が難しくなるもの。メイクを落とさないまま寝てしまったり、過度な露出で紫外線を受けたり、強い摩擦などは肌へのダメージとして大きく影響します。こうした日常の習慣が、くすみやハリの低下の原因となることも。

美しい肌を保つためには、基本のスキンケアだけでなく、日常生活での肌へのストレスを最小限に抑える意識が必要です。

 

毎日のスキンケアに+αする

30代の肌は20代とは異なり、シンプルなケアだけでは、求めるツヤや潤いを保つのが難しい場合があります。そこで、日常のケアをエイジングケア効果のあるものに変えてみましょう。またカサつきや毛穴の悩みには、定期的なマッサージやパックを取り入れることで、より一層の効果を実感できるでしょう。

 

30代のスキンケアの手順

次に、30代のスキンケアで大切な手順について詳しく解説します。

 

1.クレンジング・洗顔

クレンジングは、メイクをしているかどうかにかかわらず、毎日のケアの一環として重要です。特に日焼け止めや皮脂の汚れは毛穴に詰まりやすいので、しっかりと落としましょう。

洗顔をする際は、皮脂の分泌が特に多い額や小鼻から始めて、ゴシゴシと強くこすらず、優しく包み込むように洗い上げてください。乾燥しやすい頬や目元は特にデリケートなので、優しく洗って余計な摩擦を避けましょう。

 

2.化粧水

洗顔を終えた直後の肌は乾燥しやすい状態なので、速やかに化粧水を使用して肌の水分バランスを整えることが肝心です。化粧水による保湿は肌をやわらげ、その後のスキンケアアイテム、美容液や乳液の浸透を助ける役割も果たし、全体的なケア効果が高まります。

 

3.美容液

美容液には濃縮された成分が含まれており、肌に深く浸透し、疲れた肌を集中的にケアします。特に気になる部分やトラブルが出やすいエリア、乾燥やくすみ、カサつきのある部分には、重ねて美容液を塗ることでより集中的にケアできます。

 

4.乳液やクリーム

30代の肌は、化粧水や美容液だけでは保湿が足りない場合があります。ここで重要なのが乳液やクリームで、肌に「蓋」をするような働きをして水分の蒸発を防ぐことです。特に夜のスキンケアでは、少し油分の多いクリームを選ぶと、朝までしっとりとした肌を保てます。

ただし脂性肌の人は、ベタつきが目立ってしまうことがあるため、自身の肌に合ったものを使用しましょう。

 

30代のスキンケアについてよくある質問

スキンケアの見直しが欠かせない30代における疑問や質問を紹介します。

 

スキンケアアイテムはブランドでそろえるべきか

スキンケアアイテムを選ぶ際、1つのブランドで全てをそろえる必要はありません。ご自身の肌に最適な成分や気に入った香り、感触を重視してそれぞれのアイテムを選びましょう。ただし、特定のブランドの効果を最大限に実感したいときは、同じブランドでそろえるのがおすすめです。

 

化粧品にかける金額の目安は

30代が化粧品にかける平均的な費用は、月7,000円程度といわれています。
※令和時代のオトナ女性美容意識・行動調査調べ

歳を重ねることで肌の悩みが多様化し、成分やブランドを重視して購入する傾向は強まるものです。その結果、20代と比べて少し高めの費用がかかることが一般的でしょう。

 

まとめ

30代に突入すると、肌は変化のサインを見せ始めます。肌の生まれ変わりのサイクル、いわゆるターンオーバーが乱れることで、乾燥やくすみ、カサつきが目立ち始めます。このような変化に対応するために、日々のスキンケアを見直してみましょう。

また、スキンケア製品の選び方にも注意が必要です。30代の肌は外部からの刺激に弱くなる傾向があるため、保湿効果が高く、肌への刺激が少ないアイテムを選びましょう。

※医師の記事監修は医学的内容に関する部分のみ行っており、特定の商品についての効果を保証するものではありません。

記事の監修者

竹内 想

竹内 想

皮膚科医

2016年に大学を卒業後、市中病院での初期研修を経て現在は皮膚科医として複数の病院やクリニックで外来診療を行う。皮膚科医として専門的な内容をわかりやすく伝えることに重点をおき、WEB記事監修や執筆を行っている。

  • 通常3日程度でお届け

    通常3日程度で
    お届け

  • 15日以内返品OK

    15日以内
    返品OK

  • 5,500円税抜以上送料無料

    5,500円税込
    以上
    送料無料

  • 定期お届けコースならいつでもお得

    定期お届けコースなら
    いつでもお得