検索
  • TOP
  • お役立ちコラム
  • 頭皮の日焼けによるトラブルとは|予防方法や日焼けした際のお手入れ方法についても解説

頭皮の日焼けによるトラブルとは|予防方法や日焼けした際のお手入れ方法についても解説

頭皮の日焼けによるトラブルとは|予防方法や日焼けした際のお手入れ方法についても解説

頭皮の日焼けは、炎症や乾燥などさまざまな肌トラブルにつながります。早いうちから対策を理解し、適切に対処していくことが大切です。

本記事では、頭皮の日焼けで起こる肌トラブルや予防方法、アフターケアについて解説するので、ぜひ参考にしてください。

記事の監修者

山口 健

山口 健

自由診療クリニック院長

美容皮膚科医

 

頭皮の日焼け予防は1年を通して必要

頭皮の日焼け予防は1年中かかせません。紫外線は日差しの強い夏に限らず、1年を通して降り注いでいます。気象庁が発表している紫外線観測データによると、紫外線は春から夏、夏の終わりから秋にかけても強いことが分かっています。また、曇りや雨の日でも紫外線量がゼロになることはないので、天候にかかわらず紫外線対策を行いましょう。

 

頭皮の日焼けで起きるトラブルとは

目に見えない紫外線が頭皮にどのような影響を与えるのでしょうか。日焼けで起きるトラブルについて詳しく解説していきます。

 

炎症が起きる

頭皮が強い紫外線を浴びると、赤みが出る、ヒリヒリするなどの炎症が起こります。炎症が始まると、肌の一番外側の表皮が剥がれ、フケとなって落ちる場合があります。また、頭皮が敏感になり普段使用しているシャンプーが合わなくなることも。頭皮がかゆくなり、かいてしまうと、炎症がひどくなったり色素が沈着してしまったりする可能性があるので注意が必要です。

 

頭皮が乾燥する

強い紫外線を浴びると、頭皮の角質層の水分が失われて乾燥します。頭皮の乾燥は、外部からの刺激を受けやすくなり、肌トラブルが起きる原因に。炎症によるかゆみや、フケの増加にもつながります。

 

薄毛へのリスクが高まる

紫外線は頭髪にも影響を及ぼし、薄毛のリスクを高めます。頭皮の炎症が毛穴にまで広がると、髪が抜けやすくなるうえに、髪の毛を成長させる毛母細胞の正常な働きを妨げるからです。頭皮環境の乱れは、髪への栄養供給の低下にもつながるので、紫外線対策はしっかり行いましょう。

 

白髪へのリスクが高まる

髪の毛はメラノサイトという細胞の働きで生成された、メラニンという黒い色素で着色されています。頭皮のメラニンを作り出すメラノサイトが紫外線でダメージを受けると、メラニン色素の生成が低下し、白髪の原因になります。髪の分け目に白髪がある人は、紫外線が影響している可能性があります。

 

ヘアカラーの色素が落ちる

紫外線には、髪の毛の表面にあるキューティクルを破壊する働きがあり、ヘアカラーの色素を落ちやすくさせます。また、紫外線が直接メラニン色素を分解して、ヘアカラー後の髪色を変えてしまうことも。髪を染めた後、色が落ちるのは紫外線の影響もあるのです。

 

頭皮の日焼けを予防するには

頭皮の日焼けを予防するには、紫外線をシャットアウトすることが大切です。頭皮を紫外線から守る方法を詳しく解説していきます。

 

日焼け止めを使う

頭皮用の日焼け止めには、スプレーやミスト、ミルクなどさまざまなタイプがあります。さまざまな商品を試してみて、自分に合ったものを選ぶことが重要です。また、夏場は汗や皮脂などで日焼け止めが流れやすいので、手軽に塗り直しができる商品を選ぶのも重要なポイントです。

 

UVカット率の高い帽子をかぶる

帽子は強い日差しから頭を守るため重要なアイテム。特にUVカット率の高い帽子で頭皮を保護することが、紫外線対策として有効です。布地の密度や通気性にも注目して蒸れにくい素材の帽子を選ぶことで、長時間使用しても快適に過ごせます。

 

UVカット率の高い日傘を差す

ヘアスタイルの乱れが気になる場合は、日傘がおすすめです。帽子と同じくUVカット率の高い日傘を選びましょう。帽子と一緒に使えば、紫外線から頭皮をさらに守れます。最近は日傘を差す男性も増えており、男女問わず紫外線対策への意識が高まっています。

 

髪の分け目を変える

髪の分け目がいつも同じでは、同じ部分に紫外線を浴びがちになるため、頭皮トラブルが起こりやすくなります。一定期間で分け目を変えたり、髪の毛を束ねたりして紫外線にさらされる部分を変えるなど工夫して、日焼けによるダメージを軽減しましょう。

 

頭皮が日焼けした際のお手入れ方法

頭皮が日焼けしたと感じたら、しっかりとケアするようにしましょう。頭皮トラブルを防ぐために行うべき、お手入れ方法を紹介します。

 

日焼け部分を冷やす

日焼けで炎症が起きている部分は、熱をもっていることが多いです。強い紫外線を受けた頭皮を放置していると、水ぶくれや炎症の悪化につながります。冷たいタオルやガーゼで包んだ保冷剤で、早めに患部を冷やして炎症を抑えましょう。ただし、同じ部分を冷やしすぎると血行が悪くなるため、ほてりが治まるまでにとどめましょう。

 

頭皮を刺激しない

日焼けした後で間違ったヘアケアを行ってしまうと、頭皮の炎症を悪化させてしまう恐れがあります。頭皮を刺激しないよう、保湿や適切な方法でシャンプーやドライヤーを行いましょう。詳しい方法は次項で解説します。

 

頭皮を保湿する

日焼けをした頭皮は紫外線の影響で乾燥しがちになります。まずは、日焼けした状態の頭皮をしっかりと保湿しましょう。頭皮用の化粧水を使って保湿することで、頭皮に潤いを与えることができ、一時的に低下している皮膚のバリア機能を補うことができます。日焼けをしている頭皮は外部からの刺激に弱いため、敏感肌でも使える化粧水がおすすめです。

 

頭皮に優しいシャンプーとドライヤーのかけ方

日焼けした頭皮は敏感になっているため、シャンプーの仕方やドライヤーのかけ方に気をつけましょう。日焼け後に行うシャンプーからドライヤーまでの正しい手順を紹介しますので、日々のお手入れに取り入れてみてはいかがでしょうか。

  1. ブラッシングで髪のもつれをとく
  2. 頭皮と髪をぬるま湯で濡らし、丁寧にすすいで予洗いする
  3. シャンプーを泡立てる
  4. 爪を立てずに指の腹で頭皮を優しく洗う
  5. すすぎ残しに気をつけながら、ぬるま湯でシャンプーを優しく流す
  6. 頭皮と髪の水分をタオルで拭き取り、半渇き状態にする
  7. ドライヤーは頭皮から20cmほど離し、1か所に温風を集中させないようにする
  8. 温風の後、冷風で頭皮と髪の毛を引き締める

 

日焼けした頭皮に優しいシャンプーの選び方

日焼けで敏感になっている頭皮は、肌トラブルが起きやすい状態です。頭皮をいたわるシャンプーの選び方を解説します。

 

保湿成分が入っている

日焼けした頭皮は乾燥しているため、保湿成分が含まれているシャンプーを使いましょう。乾燥した肌に、失われた潤いを補給できます。特に、頭皮の乾燥を防いでくれるコラーゲンやヒアルロン酸などの保湿成分が含まれているシャンプーがおすすめです。

 

刺激が少ない

日焼けした頭皮は炎症を起こしている場合もあるため、余計な刺激を与えないシャンプーを選ぶのが大切です。頭皮への負担が少ない無添加、無香料のシャンプーや、アミノ酸系やアレルギー用など、低刺激で洗浄力の優しいシャンプーがおすすめです。

 

頭皮環境を整える成分が入っている

強い紫外線の影響で、日焼けした頭皮はとてもデリケートな状態です。抗炎症作用のあるグリチルリチン酸ジカリウムや植物エキスなどが含まれたシャンプーを使用して、頭皮環境を整えましょう。

 

まとめ

本記事では、頭皮の日焼けによるトラブルやその対処法について解説しました。太陽から降り注ぐ紫外線は、想像以上に頭皮にダメージを与えるため、日焼け後のアフターケアが重要です。普段行うシャンプーやドライヤーの方法も頭皮へ影響するので注意しましょう。特にシャンプーは、刺激が少なく、頭皮の保湿や頭皮環境を整える成分が入っている商品を使うことが望ましいです。

※医師の記事監修は医学的内容に関する部分のみ行っており、特定の商品についての効果を保証するものではありません。

記事の監修者

山口 健

山口 健

自由診療クリニック院長

美容皮膚科医

2010年 国立大学医学部卒 市中病院での勤務を経て
2021年 自由診療クリニック 院長就任

  • 通常3日程度でお届け

    通常3日程度で
    お届け

  • 15日以内返品OK

    15日以内
    返品OK

  • 5,500円税抜以上送料無料

    5,500円税込
    以上
    送料無料

  • 定期お届けコースならいつでもお得

    定期お届けコースなら
    いつでもお得